GROUND

会場紹介

※ナスパ・スタジアムはJR成田駅よりシャトルバスを運行
※ゼットエー・ボールパークはJR五井駅よりシャトルバスを運行

ナスパ・スタジアム

< 所在地 >
千葉県成田市一坪田410番地1

< 観客席 >
メインスタンド(1,500席)及び芝スタンド

< 電車やバスでのアクセス方法 >
京成成田駅中央口から千葉交通バス2番線(吉岡経由佐原方面)
 停留所「吉岡大慈恩寺前」から徒歩25分
コミュニティバス津富浦ルート
 停留所「B&G海洋センター前」から徒歩5分、
 または停留所「大栄診療所」から徒歩約22分
大会期間中、JR成田駅(参道口(東口)5番線のりば)とナスパ・スタジアムを結ぶシャトルバスを運行します。
運行ダイヤ、料金などの詳細は後日発表します。是非、ご利用ください。


< 自動車でのアクセス方法 >
東関東自動車道 大栄ICから約6.5km
  ※カーナビをご利用の場合は「成田市立大栄幼稚園(成田市臼作115)」と入力してください。
< 公式HP >
http://www.park-narita.jp/guide/sisetu/naspa.html

 

アクセスマップ

会場付近の観光スポット

成田山新勝寺総門・成田山新勝寺本堂

http://www.naritasan.or.jp/

成田山新勝寺は、真言宗智山派の大本山で、「成田のお不動さま」として永く親しまれてきました。天慶3年(940)、宇多天皇の孫にあたる寛朝(かんちょう)大僧正により開山され、本尊は不動明王。関東地区では有数の参詣人を集める著名寺院で、家内安全、交通安全などを祈る護摩祈祷のために多くの方が訪れています。約20万平方mの広大な境内には、額堂や光明堂、釈迦堂、仁王門、三重塔(すべて重要文化財)が点在し、現在の大本堂をはじめ、前本堂の釈迦堂、旧本堂の光明堂を巡れば、寺院の発展の歴史をたどることができます。

JRと京成の成田駅前から、成田山新勝寺総門まで約800mにわたる表参道は、江戸時代から門前町として栄え、今でも江戸時代の面影を色濃く残しています。成田の食の名物うなぎ料理を出す食事処をはじめ、羊羹や漬物などの土産物店が軒を連ね、年間を通して多くの参詣客で活気溢れるにぎわいを見せています。

成田ゆめ牧場

http://www.yumebokujo.com/

今から100年以上も前から美味しい牛乳を作り続けている成田ゆめ牧場。自然に囲まれた環境をそのままに、バター作りや乗馬、乳搾り教室など本物の牧場体験ができます。また、バーベキューや自家製アイスなど、楽しさと美味しさが満載の牧場です。

成田山新勝寺総門・成田山新勝寺本堂

http://www.naritasan.or.jp/

成田山新勝寺は、真言宗智山派の大本山で、「成田のお不動さま」として永く親しまれてきました。天慶3年(940)、宇多天皇の孫にあたる寛朝(かんちょう)大僧正により開山され、本尊は不動明王。関東地区では有数の参詣人を集める著名寺院で、家内安全、交通安全などを祈る護摩祈祷のために多くの方が訪れています。約20万平方mの広大な境内には、額堂や光明堂、釈迦堂、仁王門、三重塔(すべて重要文化財)が点在し、現在の大本堂をはじめ、前本堂の釈迦堂、旧本堂の光明堂を巡れば、寺院の発展の歴史をたどることができます。

JRと京成の成田駅前から、成田山新勝寺総門まで約800mにわたる表参道は、江戸時代から門前町として栄え、今でも江戸時代の面影を色濃く残しています。成田の食の名物うなぎ料理を出す食事処をはじめ、羊羹や漬物などの土産物店が軒を連ね、年間を通して多くの参詣客で活気溢れるにぎわいを見せています。

成田ゆめ牧場

http://www.yumebokujo.com/

今から100年以上も前から美味しい牛乳を作り続けている成田ゆめ牧場。自然に囲まれた環境をそのままに、バター作りや乗馬、乳搾り教室など本物の牧場体験ができます。また、バーベキューや自家製アイスなど、楽しさと美味しさが満載の牧場です。

※画像・情報は成田観光協会より提供

【大会概要】 【試合組み合わせ】 【チーム紹介】 【会場紹介】 【チケット販売】 【グッズ販売】
大会概略
会長・副会長あいさつ
委員会・組織図
大会歴史
グループ分け
予選リーグ
決勝トーナメント
順位決定戦
現在準備中
ZOZOマリンスタジアム
ナスパ・スタジアム
第一カッター球場(秋津野球場)
ゼットエーボールパーク
チケット
日本代表応援チケット
現在準備中

大会概要

試合組み合わせ

チーム紹介

会場紹介

チケット販売

グッズ販売

スポンサー募集

ボランティア募集